シエンタの女性運転

シエンタは女性向きなの?

シエンタがモデルチェンジしてから人気を集めています。「購入を検討している」なんて家庭も多いのではないでしょうか。

 

そこで、「シエンタは女性でも運転しやすいの?」なんて疑問を持つ女性も多いはず。

 

ここでは、女性が気になる部分を徹底解説していきます。

 

デザイン

まず気になるのがシエンタの外見だと思います。

 

 

フロントの流線が特徴的で、ちょっと近未来的なイメージがあります。ただ、アルファードやヴェルファイアのようないかついデザインではないので、女性が乗っても全く違和感はありません。

 

何よりうれしいのが、カラーバリエーションが豊富なこと。

 

 

黄色や緑、青などのかわいい色がたくさんラインナップされているので、好みの色を自由に選ぶことができます。

 

運転のしやすさ

いくらデザインが良くても、運転がしにくいようだと女性にとっては選びにくいものです。では、シエンタはどうなのでしょうか?

 

運転席周り

はじめに、運転席についてみていきましょう。

 

まずシエンタの見晴らしについてです。旧型に比べて全体的に車高が低くなっており、窓も小さくなっているのでやや視認性は落ちています。口コミでも「見晴らしがちょっと悪い」という声があがっています。

 

ただ、後で解説しますが、新型シエンタは燃費性能を大幅に向上させています。そのため、どうしても空気抵抗を減らすために車高は下げる必要があります。なので、窓は小さくなってしまうのは仕方ないのです。事実、その他の低燃費車も基本的にはあまり視認性はよくありません。

 

したがって、燃費を取るか、視認性を取るかはバランスを見て選ぶ必要があります。

 

もちろん、慣れてしまえばシエンタくらいの視認性なら十分運転は可能なので、女性だからシエンタは運転ができない、ということは全くありません。

 

紫外線対策

 

男性だとあまり気にする人はいませんが、女性にとっては重要なのが「紫外線対策」です。最近は車の窓ガラスに紫外線カット機能を付けた車種が増えてきていますが、シエンタでも紫外線対策は可能です。

 

標準では紫外線対策はありませんが、スーパーUVカット&シートヒーターパッケージ(29,160円・税込)を追加することで紫外線(UV)を99%カットできます。シートヒーターもついて3万円以内なので、紫外線が気になるならぜひ付けておきたいところです。

 

駐車のしやすさ(車体のサイズ)

 

シエンタの場合、ミニバンなので車体も平均よりは大きいです。女性によっては、「シエンタは駐車が難しいのでは…」と心配な人もいるでしょう。

 

ですが、シエンタのサイズはミニバンの中ではかなりコンパクトなほうで、最小回転半径も5.2mとなり比較的きびきび動かすことができます。また、バックカメラ搭載なので後ろを映像で確認しながら安全に駐車できます。現在発売中の車種の中では、かなり駐車しやすいと言えるでしょう。

 

子育て編

 

次に、子育てママにとってシエンタはどうなの?というところを見ていきましょう。

 

安全機能

子どもを乗せる機会が多いママなら、安全機能も気になりますね。

 

シエンタは「Toyota Sefety Sense C」という安全機能に対応しています。その中でも特に効果的なのが「プリクラッシュセーフティシステム」です。

 

このシステムは、2種類のレーダーで前方の障害物を検出し、衝突しそうになったら警報を発したり、ブレーキアシストがかかって強力にブレーキをアシストしたりします。衝突事故を未然に防ぐことができるのです。

 

オートスライドドア

 

小さな子供や高齢者をシエンタに乗せることが多いなら、オートスライドドアがあるかどうかも重要です。また、オートスライドドアであれば、お買い物の荷物の積み下ろしも簡単にできます。

 

シエンタの場合、一番安い「X・Vパッケージ」にはオートスライドドアがありません。なので、乗り降りをラクにしたいならX・Vパッケージよりも上のグレードを買うようにしましょう。

 

荷室

 

たくさんお買い物をしたり、家族でレジャーに出かける場合などは荷室の大きさも大切ですね。

 

シエンタは3列目までシートがありますが、3列目をたためばかなり広い空間を作ることができます。A型ベビーカーがラクラク入るスペースができるので、お出かけの際もシエンタは十分活躍するでしょう。

 

さらに、2列目も畳んだ場合は奥行きが1430mmとなるので、小さめのマウンテンバイクも積めてしまうのです。

 

シートアレンジ

 

女性の場合あまりありがたみはないかもしれませんが、シエンタは車中泊にも向いていると言われています。

 

コンパクトミニバンなので、ロングスライドなどのミニバンならではのシートアレンジはありませんが、2列目・3列目をたためばフルフラットな空間ができ、ある程度快適な寝泊りが可能になるのです。

 

シエンタのコスト

 

女性にとって非常に気になるのはやはり「コスト」についてでしょう。燃費や、車体購入時のコストについて考えてみましょう。

 

燃料費用

 

パワーユニット 燃費 1km走行あたりのコスト
ハイブリッド 27.2km/リットル 4.4円
ガソリンエンジン 20.2km/リットル 5.9円

 

ハイブリッドは燃費性能27.2km/リットル、1km走るのに必要な費用でいうと「4.4円」となります。通常、ミニバンは1kmあたりの費用が8円程度になるので、なんと半分の燃料コストですむということなのです。

 

ガソリンエンジンでも5.9円と比較的コストは少ないので、どちらを選んでもかなりお財布にやさしいクルマということができます。

 

車体価格

 

「燃費がよくても、車体価格が高ければ意味ないのでは?」という意見も聞こえてきそうです。

 

シエンタは190万円~232万円の価格帯となります。ただ、コンパクトカーのアクアでも180万円はしますので、シエンタはミニバンとしてはかなり安いクルマと言うことができるでしょう。

 

車体価格も燃費も低コストなので、コスト面で言うとかなり女性好みの車ということができるでしょう。

 

しかも、シエンタは値引き交渉することでさらに安く購入できます。ただ、女性の場合「値引き交渉はよくわからない…」という人も多いでしょう。とはいえ、値引き交渉をしないと、数十万円から損をしてしまうので、値引きは必須です。

 

↓のサイトで、女性でもかんたんにできるシエンタの値引き交渉方法が紹介されています。定価購入はイヤ!という方は、一度ご覧になってみてください。

 

⇒ シエンタ値引きのポイント